<法帖拓本・釈文明細>



<河田一臼先生所蔵//古典法帖拓本の釈文内容>

◎河田一臼先生が所蔵されていた古典法帖類を個別・無作為に紐解き公開してゆきます。最後に時代順に整理する予定です。
◇関連サイト・・・ <(全集様式)法帖・書籍類/一覧表>    <河田一臼所蔵/古典法帖明細(単行様式)> 
  // ⇒頁かわり部分

001「魏高貞碑」 (出土初拓本)   S23.6.25発行   発行所/C雅堂  配給元/日本出版配給梶@ ★★☆☆☆   画像はこちら⇒ 魏高貞碑
<釈文>  魏故龍驤將軍營州刺史高使君懿侯碑銘
君諱貞。字羽眞。勃海脩人也。其先葢帝炎//氏。之苗裔。昔在黄唐。是為四嶽



002「王右軍聖教序」     S21.9.15発行   発行所/C雅堂  配給元/日本出版配給梶@ ★☆☆☆☆   画像はこちら⇒  王右軍聖教序
<釈文>  大唐三蔵聖教序 太宗文皇帝製 弘福寺沙門懐仁集晋右将軍王義之書
//
葢聞二儀(日月)有象。顯覆載(天地)以含生四時無形。潜寒暑以化物。是以窺天鑒地。庸愚皆識其端。明>陰洞>(通の假)賢哲//罕(希の假)>窮其數。然而天地苞乎陰陽。而易>識者.其有>象也。陰陽處乎天地。而難>窮者。以其無>形也。故知像顯//>徴。雖>愚不>惑。形潜莫>覩。在>智猶迷。況乎道崇>虚。乗>幽控>寂。弘濟萬品。典御十方。擧威靈而無>上。抑//而無>下。大>之則弥於宇宙。細>之即攝於毫釐。無>滅無>生。歴千劫而不>古。若>隠若>顯。運百福而長今。妙道//>玄。遵>之莫>其際。法流湛寂。挹>之莫>其源。故知蠢々凡愚。區々庸鄙。投其旨趣。能無疑惑者哉。然則//大教之興。基乎西土。騰漢庭而皎>夢。照東域而流>慈。昔分形文蹟之時。言未>馳成>化。當常現常之//世。






ああ


 

ホームページ<河田一臼●記念館>に戻る

inserted by FC2 system